cloudkaikei

※引用:MFクラウド会計

クラウド会計って何?

みなさんは現在、会計ソフトは何をお使いでしょうか?

クラウド会計という言葉をご存知でしょうか?

起業・創業をされますと、本業とともに、経理と税務申告は欠かせない業務となります。この煩雑な経理と税務申告を、安く、簡単にできるのがクラウド会計ソフトです。
クラウド会計とは、インターネットを使用できる環境があれば、いつでも、どこでも会計処理を行うことができる、会計システムのことを指します。
従来の会計ソフト、例えば、弥生会計や、勘定奉行大蔵大臣PCA会計などは、お持ちのパソコンにアプリケーションをインストールし、会計データを打ち込み、パソコンにデータを保存するというものでした。
クラウド会計では、ソフトウェアを購入する必要もなければ、アプリケーションをインストールする必要もなく、データをパソコンに保存する必要もありません。
クラウドとは、cloud=雲という意味です。なぜ、クラウドという言葉が使われだしたのか諸説ありますが、一般的には、ネットワークを図式化するときに、雲の図を使うことが多かったからと言われています。
従来のソフトウェアやデータの使い方は、ユーザが自分の携帯電話やパソコンの中に、ソフトウェア、データなどを保有し、使用・管理していました。しかし、クラウドの場合は、ネットワーク上にあるサーバの中に、ソフトウェアやデータが存在し、利用者は必要に応じてネットワークを通じてアクセスし、サービスを利用します。
必要な物は、インターネット接続環境と、パソコンだけなので、ソフトウェアを購入する必要がないという点が、まずひとつ、大きな特徴です。
そして、もうひとつ大きな特徴がデータの自動取り込みです。
freee(フリー)や、MFクラウド会計など、今、一般的なクラウド会計では、預金取引や、クレジットカードのデータを自動的に取り込み、コンピュータが自動的に最適な仕訳を判断して処理するという仕組みがあります。
これにより、日々の経理業務・記帳業務の負担を大幅に減らすことができます。
cloud3

クラウド会計のメリット・デメリット

クラウド会計のその他の特徴やメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット

・預金取引やクレジットカードの取引データを自動で取り込むことができ、入力の手間を大幅に削減可能

・科目などを自動振り分け機能、学習機能があり、摘要欄の入力も効率的

・ソフトウェアのアップデータが不要であり、税制改正や消費税対応など、最新の法規制に対応した機能を利用可能

・処理パターンについて簡単な税理士の指導があれば、経理知識・簿記知識のない方でも操作できる

・新しいサービスであるため、今後、新たな機能の追加が期待でき、より効率的な処理が可能になる可能性が高い

・導入コストが安く、一般的な会計ソフト(2-3万円)+保守料金(年間約2万)と比べると、割安

・他のクラウド系アプリや業務改善アプリとの連動性に優れている

・ユーザ数が一定人数まで、無料(多くの会計ソフトは、複数ライセンスに課金)

・複数人が同時に端末を選ばずにアクセスでき、社長が外出先から、決算の状況を常に確認することができる。

・従来ソフトよりもUIに優れており、画面のインターフェースがよく、使いやすい

・クラウドサーバーにバックアップがあるため、データ消失リスクを低くできる

・Windowsだけでなく、Macでも利用可能

デメリット

・激安ソフト(2万円以下)+保守契約に加入しない場合と比較すると若干割高

・メール対応のみで電話対応が標準では付属していない場合が多い

・税務申告ソフトとの連携が限定的

・従業員の経費精算・現金取引の処理は、手入力が必要なため、手入力に特化した会計ソフトに比べると操作が遅い

・インターネット接続環境がない場合に、利用ができない

・複数の部門管理など複雑な会計処理には対応していない

・販売管理・在庫管理・減価償却費計算・給与計算などの機能が限定的

・税理士にとっては業務効率・採算性が悪いため、クラウド会計を請け負う税理士が現時点では少ない

・経営分析や損益分岐点分析等、出力できる帳票が限定的

次はクラウド会計ソフトの種類と選び方について見ていきましょう

クラウド会計ソフトの種類と選び方